すべって空振り

ゴミカスの戯言

精神障害者保健福祉手帳を申請した

ADHDと軽度のASDです。

今は休職中。

 

以前主治医に、 私でも手帳ってもらえますか と聞いたら 普通に就労できてるので難しいかもしれないね と返されました。

 

それで少し諦めてたけど、1人での生活が困難になり、仕事との両立もできなくなり休職している今、これはチャンスなのでは…?

と思って申請してみた。

 

でも、そもそも申請までの流れがADHDにはハード過ぎる。

あと社会人にもハードすぎる(窓口が平日しか空いてない)

 

以下は、申請したいけどどうすればいいのかわからない人向けの手順です。

 

流れとしては

1.ADHDと診断されてから継続して6ヶ月病院に通う

  • 初診日から6ヶ月経たないと申請できない。
  • 途中で病院を変えても大丈夫 
  • 精神科の先生は合う合わないが激しいので自分に合った先生のところに通うのがいい。半年通うので合わないとストレス。
  • 私は昨年1月が初診日ですが、そこの先生はあまり合わなかったので3月に転院しました。

2.自治体の保健福祉課にメールで問い合わせ

  • ADHDなので電話とか役所に赴くとかちょっと無理だった。
  • 自治体によるとは思うけどメールで問い合わせて郵送して書類を送って欲しい旨伝えたら送ってもらえた

3.送られてきた提出用紙に記入

  • 正直よくわからなかったので病院に行った時主治医に聞きながら書いた
  • 役所窓口で書いてる人もいた

4.主治医に診断書の発行と提出用紙への記入をしてもらう

  • 初診日が重要とのことがネットによく書いてある。だから診断書は初診を受けた病院じゃないとダメなのかと最初は思ってた
  • でも、現在通っている病院の先生に発行してもらうので正解だった
  • 診断書発行してもらう前にちゃんと生活状況を伝えておく(主治医からの診断書が1番の判断基準になるそうなので)

5.申請

  • 先生に書いてもらった書類と自分の書類、それとマイナンバーカードを持って役所へ行った。
  • 1人で行くのはしんどかったので親についてきてもらった。
  • 郵送でもできる(自治体による)けど、記入漏れとか合ったらめんどくさかったので役所まで行きました。

※申請中に引っ越した場合※

  • 発行は引越し前の自治体で引き続き行う
  • 発行されたら引越し先の自治体で住所変更の手続きをする

で良いらしい

 

とりあえず申請までの流れはこんな感じ。

難しいですね

 

申請はしたものの、何級になるか、それどころか通るかどうかもまだわからなくて不安。

 

通ったら美術館博物館たくさん行けるなぁ、復職した時に時短勤務をお願いできるなぁ、などと夢が膨らんでるけど、交付まで2〜3ヶ月かかるらしい…

 

なんでそんな長くかかるん、早くしてくれ。

 

通ったらまた書く

 

以上

市販薬OD -麻黄湯

工フェ卜゛刂冫を好む人なら元となるマオウを使う麻黄湯に興味を持つのではなかろうか。

少なくとも私は興味を持った。

麻黄湯はぽかぽかした。

いくつ飲んだかわからないぐらいだけど、ポカポカして汗かいてシャッキリした。

工フェ卜゛刂冫と同じかというとなんとなく違う感じがするっていう感じ。

市販薬OD -アネトン

ブ口冫とあまり変わらない。

ブ口冫の方が飲みやすいし美味しい。

アネトンはシートなので持ち歩きやすい。

メリットはそのぐらい。

粒も大きいし味もないし飲みにくくて効果もわかりにくい。

 

リボトリール 

リボトリール、調べると最強とか、悪魔の薬とか出てくる。

不眠と、ロストレスレッグ症候群を発症したのがきっかけで処方してもらった。

初めは0.5を1tだったのが1を6tまで増えた。

12倍。すごい増えたな、と思う。

効果はよくわかっていないけど飲んだら一度も起きることなく12時間以上寝てしまう。怖い薬